成分から選ぶ!妊活中・不妊治療中のおすすめ青汁

摂りたい栄養素から選ぶ!妊活中・不妊治療中におすすめの青汁

原因不明の不妊期間3年を経験した私が選ぶ、妊娠しやすい身体をつくるための成分が入った青汁

妊活をはじめて約2年が経過したころ、不妊の検査を受けたもののなんと原因が分からず…!

それっぽい薬や注射はしてくれるものの、どの治療も実を結ぶことなく3年が経過(´;ω;`)ウゥゥ

「このまま病院頼りじゃダメだ…!」と不安になり根本的なところから見直そうと体質改善に挑戦!

食生活の改善をベースに酵素、乳酸菌、腸活、塩分の見直し、身体を冷やす食品を避け和食を中心に。あとは睡眠を十分にとったり、骨盤矯正に通ったり、ヨガを習いに行ったり…。(木村さんの画像にも頼ってましたが(笑))

その生活のおかげか3ヶ月くらいしたら便秘が治った上になんと5kgも痩せ、その矢先妊娠が発覚しました。

ここでは、そんな私が体質改善のための私が飲んでいた青汁をこちらで紹介することとなりました。

私は不妊の原因が不明だったので、排卵障害、黄体機能不全、子宮の疾患、年齢などそれぞれの原因対して積極的に摂った方がよい成分を全て調べてその栄養素が全部入った青汁を飲んでいました。

今回はその栄養素についても解説します。
>> 「男性不妊におすすめの青汁」はこちら

妊活中・不妊治療中に積極的に摂り入れたい栄養素

まず赤ちゃんを希望するなら特に注目すべき栄養素は以下の4つ。

 排卵障害や流産予防・冷え症対策に「ビタミンE」

ビタミンEは不足すると排卵障害や流産が起こりやすくなると言われています。
ホルモンの調整作用を持ち、ホルモンの分泌が少ない場合は促進させ、多い場合は抑制する働きがあります。分子栄養学という本の著者、三石巌先生という方が「妊娠を希望するならまずはビタミンE」とも言っているくらいの重要な成分です。
また、 末梢血管を広げ血行を良くする働きがあるため、冷え性の改善にも○。
ビタミンEはゴマ、玄米などから摂れますが、なかなか大量の摂取が難しく欠乏しやすい栄養素です。
ちなみに男性の精子数を増やすにも有効と言われ、マカはこのビタミンEが多いことで有名です。

 受精卵の成長サポート、着床しやすくする「亜鉛」

亜鉛は「セックスミネラル」とも呼ばれ、 卵子の着床率を上昇させ、着床後の細胞分裂を活発にさせます。

また卵子の老化を防止にも有効と言われいます。卵子の老化は体内で発生する活性酸素に細胞が傷つけられることが原因ですが、亜鉛はこの活性酸素に対抗するスーパーオキシドディスムターゼ(SOD)と呼ばれる活性酸素除去物質の原料となります。
特に女性は亜鉛が多く含まれいる魚や肉を控える傾向になるため、亜鉛不足に陥りやすいので積極的な摂取を心がけましょう。

 妊娠初期の摂取で先天性異常を防ぐ「葉酸」

妊活に葉酸を推す健康食品も多いのですが、実は葉酸は不妊とは直接関係がありません!

妊娠初期に摂っておくことで二分脊椎や無脳症などの70%の先天性異常を防ぐことができるため、 平成12年に厚生労働省が「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」という通知を出し、女性に対して葉酸の摂取を推奨しています。
他にもアミノ酸や核酸の合成に必要となる補酵素の役割があり、細胞の合成や再生をサポートします。

そのため、葉酸は妊娠前から必ず摂っておくべき栄養素です。

 黄体機能不全、無月経症に「ビタミンB6」

プロゲステロン(黄体ホルモン)を増加させて、受胎した卵子が育つ子宮膜の環境を整えます。実際に不妊症の女性がB6を補給すると、プロゲストロンレベルは上昇するということが分かっています。
このプロゲステロンが正常に分泌されていない 「黄体機能不全」 の方は特に摂取した方が良い栄養素です。

実際に若い女性の無月経症改善に活用されている栄養素でもあります。

妊娠力をアップさせる栄養素が詰まった青汁

ふるさと青汁/マイケア

ふるさと青汁レビュー

価格 定価:3,800円
定期購入: 3,420円
内容量 30包
1杯分の価格 通常購入の場合:127円
定期購入の場合:114円
返金保証 30日間返金保証付
1杯分のカロリー 11kcal

上記の4つの成分がすべて入っているのが「ふるさと青汁」です。

特にビタミンB6が入っている青汁はなかなかなく、探しても数種類しかありませんでした。亜鉛とビタミンEの含有量も多いので、旦那さんと一緒に飲むのもおすすめです。

青汁が苦手な方でも飲みやすい抹茶風味で、お手頃価格で続けやすいのも嬉しいポイントです。

>> 【14包のオマケ付】ふるさと青汁の購入サイト

 

ふるさと青汁≪おすすめポイント≫

ビタミンEがマカより多いビタミンE豊富な国産の明日葉・桑の葉を使用

青汁に使われる素材の中でも特に明日葉と桑の葉にはビタミンEが豊富に含まれています。卵巣の機能を整えるビタミンEは、玄米やゴマ、モロヘイヤにも含まれていますが、たくさん食べる機会がないため不足しがちな栄養素です。玄米菜食が推奨されるのも現代人はビタミンEを欠乏しやすいためです。

亜鉛、アルギニン、ビタミンCが豊富すべての栄養バランスに優れた桑の葉配合

桑の葉はビタミンE以外にも亜鉛、葉酸の含有量が他の原料に比べて圧倒的に多い食品です。他にも 鉄、カロテン、マグネシウム、ミネラル、食物繊維、フラボノイドが多く、血糖値の上昇を抑える効果もあると言われいます。桑の葉が入っていることで毎日不足しがちな栄養素を補給することができます。

【素材別(葉酸、亜鉛、ビタミンE)含有量】

  大麦若葉 ケール 明日葉 桑の葉
亜鉛(μg)
3.4
0.3
0.6
3,450
ビタミンE(mg)
11.9
2.4
4.3
34.4
葉酸
400
120
120
480

夫にこっそり飲ませる国産・無農薬・化学肥料不使用

原料の明日葉は八丈島産、桑の葉は島根県産、大麦若葉は熊本県産とすべて国産のものを使用。また、化学肥料を使用していないので安心して飲むことができます。

成分・栄養素一覧

SOD活性:207,000unit
食物繊維:24.12g
クロロフィル:189mg
ビタミンC:3.60mg
ビタミンE:4.41mg
βトコフェロール:0.45mg
γトコフェロール:1.44mg
δトコフェロール:0,36mg
ビタミンB1:0.17mg
ビタミンB2:0.42mg
ビタミンB12:0.09μg
ビタミンB6:0.27mg
ナイアシン:3.06mg
パテント酸:0.62mg
葉酸:46.8μg
総カロテン:5,130μg
ビタミンA:432μg
ビタミンK:1,080μg
鉄:9mg
カルシウム:873mg
カリウム:1,350mg
マグネシウム;99mg
亜鉛:1.26mg
マンガン:3.96mg

飲んだ感想

明日葉が入っているのでクセがあるかな?と不安がありましたが、抹茶風味で飲みやすい味です。

私は検査をしても原因不明のまま約3年の不妊期間を経験した後、第一子を授かりました。原因不明のため治療ができず、自己流で葉酸やマカのサプリ、冷え取りなどいろいろ試しましたが効果は出ず。
もっと栄養学に詳しくなって根本的なところから見直そうと本やネットで食品や乳酸菌、添加物や身体を冷やす食べ物を調べ、徹底的に食生活の改善をしました。

青汁も同じようにすべての栄養素を調べこちらの「ふるさと青汁」に辿り着きました。
青汁はビタミンやミネラル群の栄養素を効率良く摂取できる便利な飲み物です。ぜひ妊活に青汁を取り入れてみてください。

>> もっと詳しい「ふるさと青汁」のレビューはこちら

>> ※14包のオマケ付※ふるさと青汁の購入サイト

【妊活・不妊治療中】の有効成分が含まれている青汁比較表(おすすめ順)

商品名 ビタミンE
(mg)
ビタミンB6
(mg)
葉酸
(μg)
亜鉛
(mg)

ふるさと青汁

公式サイトへ

4.41

0.27 46.8 1.26

神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールド

公式サイトへ

1.61 0.05 15.69 0.1

やわたのおいしい青汁

やわたの青汁

公式サイトへ

4.94 76

青汁三昧

青汁三昧

公式サイトへ

0.47 178.2

まとめ

・ビタミンE=「排卵障害や流産予防・冷え症対策」
・ビタミンB6=「黄体機能不全、無月経症」
・葉酸=「先天性異常を防ぐ」
・亜鉛=「受精卵の成長サポート、着床しやすくする」

関連記事

国産&無農薬&無添加の条件を満たす青汁は?見分け方のポイント
【酵素入りの青汁】乳酸菌も入ったものは?おすすめランキング
男性不妊におすすめの青汁を摂るべき栄養素から選びました

安い青汁お試し価格やサンプルのある青汁

おいしい青汁ランキング国産・無添加・無農薬青汁

安い青汁酵素入りの青汁

大麦若葉の青汁ランキング明日葉の青汁ランキング

ケールの青汁ランキングゼリー(ジェル)タイプ青汁

子どもが飲みやすい青汁妊婦が安心して飲める青汁

国産・無農薬・無添加の青汁国産・無農薬・無添加の青汁

管理人おすすめの青汁

1位 極の青汁

おいしさ&栄養No.1!おすすめ

2位 ふるさと青汁

ポリフェノールたっぷりのロングセラー商品

3位 ファンケル1日分のケール青汁

「野菜の王様」ケール100%の青汁